たみこさんの部屋

昔の友だち

2024年4月30日

私のホームページをよんで下さる方から、時々思いがけない連絡をもらいます。ありがとう。

昔、私の母の幼稚園を出られた方からの突然のお電話。「ホームページ読みました。なつかしくて。」と。

今は東北のほうで、やはり保育の仕事をしているとのこと。家族ぐるみのお付き合いもあったので、半世紀ぶりの再会を願い、とうとう春休み中に、お孫さん(!?)のところにいらっしゃる時に、お会いすることになりました。

私からしてみたら、幼稚園の頃に会っただけでも、記憶は鮮明。ひと目でわかる自信がありました。駅近くの居酒屋さんで、で、おしゃべりしました。

こういってはなんですが、園長同士って、どう話をするか、私はわかりません。江戸川ではじめて園長会に行った時も、「幼稚園どうし、お互いの園のやり方をどうこう言わないことが大事だよ」と教えてもらい「あ、そうか」と納得。

子ども観も、保育観も、いろいろだもんなぁ〜と。

そして、心のどこかに、どうやって子どもを育てようとしているんだろうか・・・話したいなあ、という思いを、いつもくすぶらせていました。

再会の時に話しました。

ビールから日本酒にかえて、子どもの頃のコト、お互いの家族のこと、父や母の思い出。(小さかった頃私はそばかすが多くて、その人もそばかすができたら、ママにたみこちゃんみたいと言われたというのが、私のお気に入りの話)

尽きることなく、しゃべりました。(飲み、かつ、食べながら)

そして、その方は、保育園が災害にあった時の苦しかったこと、そこで働く人たちの大切さなど、話してくれたのです。

あっ、こういう話がしたかった。

人間どうしって、話をしたいものなのだ、と、まわっていくお酒のなかで、涙が溢れていく思いでした。

何年ぶりだろう。人と心から話をするのって。

同業者は、子どもを大切に思う人でした。うれしい。

喜びに満ちた、再会でした。

過去のたみこさんのへや

4月5月6月7月9月10月11月12月1月2月3月

過去のたみこさんの部屋 アーカイブ