たみ子さんの部屋

西小岩幼稚園の園長、たみこさんが日々の徒然や、思い出や、愚痴をそっと語ります。

〜 風かたか 〜

2017年 3月

卒園していった子ども達がうたっていたあの歌が、ずっと頭の中をまわっています。
どうぞ元気で、楽しく学校に通っていてね、と祈ります。
私たちはここ西小岩幼稚園で、みんなのことをずっと思っています。
信じて…困ったことがあったらいつでも来てね。 全員で話を聞きます。

モリトモ学園のことが連日ニュースでさわがれています。
ひとの園のことをどうこういうつもりは全くありません。
が、しかし!!
「教育勅語」を暗記させるってなんですか!?
あの様子をこの国の首相やその夫人が「すばらしい!」と言う…。
西小岩幼稚園に来て泥団子をいっしょに作ったらどうでしょうか…。(ムリか…)

春休み、「標的の島」─ 風かたか ─ の映画を見に行ってきました。
風かたか(風よけ)。親が子を風雨から守る、強いものが弱いものを守る。
大人が子供を守る、─ 風かたか ─。

沖縄に米軍基地をもっとつくり続けようとするそのこと、71年前の戦争で死んだ人が流した血の混じった水を飲んだというおばあの、それでも底抜けに明るい顔を見た。

沖縄で自衛隊(多分)最初の戦死者が出るだろうと若いミュージシャンが歌った「兵士Aくんの歌」それは友人かも、弟かも、そして我が子かもしれない、と。

映画の中での歌や踊り、「エイサー」は、卒園していった子たちをいやでも思い出す。
あの輝き、あの笑顔。

なんでもいい。
とにかく戦争は嫌だと言おう。
反原発も、9条を守ろうということも言いにくい空気があるんだという。
その空気はなんだろう。

私は言う!
戦争は嫌だ!
子ども達を戦争というおぞましい恐怖で泣かせたくない。
殺されたくない!と。

映画を見て、泣いて、いろんな思いをかかえて、ようやく座席から立ち上がり、外に出たら…。
あらびっくり。直子さんにでくわした。
帰りの電車の中で、会えて嬉しくて、泣いた。

忙しい1日でした。

 

ご報告!

園の木蓮が10年ぶりくらいに咲きました!
うれしい!