たみ子さんの部屋

西小岩幼稚園の園長、たみこさんが日々の徒然や、思い出や、愚痴をそっと語ります。

〜 特技! 嬉しいことを思い出す 〜

2020年 2月

● 楽しいところはどこ? 〜お母さんから聞いた話〜

母:
お休みの日、家族みんなで出かけようということになったので、
さて今日は、と〜っても楽しいところに行きます。さて、そこはどこでしょう?

子:
えっ? 楽しいところ? わかった! 幼稚園に行くんだね!
 パパお仕事大変で行きたくない時幼稚園に行けばいいよ。
 嫌なことはみ〜んな先生たちがやってくれるから!

ディズニーランドよりゲームセンターより、ショッピングモールより楽しいところは「幼稚園!」と言ってくれた。
パパのことも気にして、幼稚園に行けばなんとかしてくれるよ、と言うこの子の思い。

 

● 風の子さんが言っていた話

今年度2度めとなった観劇会。
劇団「風の子」の公演でした。
みんなかなり集中して見て、笑い、お母さん方も含めて幸せな時間でした。

終わって、みんなで大道具や小道具の片付けをしている時、劇団の人が言いました。

この幼稚園の子たちは本当にすごい集中力ですね。
どこの幼稚園よりも子供の観劇のしかたがすごい!
みるところは観る、笑うところは笑う。本当にすごい子ども達ですね〜

と言ってくださいました。

集中して遊ぶ、とことん遊ぶ。
そのなかでおきてくるトラブルやもめごと、ケンカも含め、存分に自分を出してぶつかる。
大人は何が大切かを自分自身に問いながら、子どもの言葉や思いをていねいに聞き取り、お互いへと伝え合うことをおこたらない。

観劇でも変なツッコミをしたりする子はいません。
お互いに肩をぶつけあって笑い、楽しさを共有しているこの子たちに幸あれ! と思う。

こうして、今年度もしめくくりの時となります。

私の保育者人生も、
50年を越えようとしています。(!?)

でも、時々、苦しい時があります。
辛い時があります。

そんな時の特技が、私にはあります。

自慢? ウヌボレ? なんでもいいや。

この幼稚園の子たちの嬉しいことを、
アメ玉を口にほうり込むように、
サッと思い出す、ワザ! です。