たみ子さんの部屋

西小岩幼稚園の園長、たみこさんが日々の徒然や、思い出や、愚痴をそっと語ります。

〜 真夜中のラジオ 〜

2020年 11月

私の睡眠障がいは、コロナとともにただただひどくなっている。

薬を飲んだり、お風呂にゆっくりつかったり、絶対眠れるヒーリングCDを聞いたり。(雨の音だけ、波の音だけとかもあります)

まぁ〜、苦労しています。

超ショートスリーパーの知人がいて、3時間くらいしか寝ないで毎日しっかり働いているらしい。
一度やってみたら、フラフラになった。
そのことを知人に訴えたら、

だから、私は他の人にはおすすめしない・・・

じゃあ! もっとはやく言ってよぉ〜!

そして、私は今、ラジオを聴くことにしている。
「ラジオ深夜便」PM11;00〜AM5:00までの番組だ。
音楽を楽しみにして聞いているが、ウトウトしていると、急に森進一が「おふくろ〜さんよ〜」とうなっているので、びっくりして目が覚める。

お年寄りが聴く率がたかいようで、演歌が多いのが気になる。
静かなやさしい、耳に聞き覚えのあるクラシックが一番と思ってるが、なかなか…。

そして、「2時をおしらせします。 ピッ・ピッ・ピッ・ピーー
これを、3時、4時と聞いてごらんなさい。
泣けてきますから。

多分、途中途中眠っているのでしょうが、焦ります!

明日は仕事だ! アレやってこれやって…」と、ドキドキします。

6時30分には「おはようございます! ラジオ体操の時間です!

チャンチャンチャラッチャッチャッチャ♪

と始まります。
そこらへんまでくると、眠ろうとしていた努力を一斉放棄して、ベッドでぐったりとして、体操どころではない。

とりあえず朝になって、コーヒーを飲んで、心も身体も一応しゃっきりとして、仕事モードになる。

この睡眠障がいは、波があるので、これはきつい。

昨夜も、その前もよく眠れた! よし! このままでいけるか…と明るい気持ちになる、が、しかし次の夜はまた…「ラジオ深夜便」をしみじみと聴くはめに・・・。

いいかおりのスプレー、やわらかなライト、静かな音楽のCD、めい想、ストレッチなど、いろいろ試してみたが、眠くなるまで本を読む、が一番続いている。

もう、、寝ないでいいやとも思う。
とりあえず、仕事ができるんだからとあきらめた。

そして、眠るためのベッドをしみじみとみる。

・・・今夜は眠れるだろーか