たみ子さんの部屋

西小岩幼稚園の園長、たみこさんが日々の徒然や、思い出や、愚痴をそっと語ります。

〜 亀のゲンちゃん、里子に行く 〜

2021年 6月

 

幼稚園にずっといた亀のゲンちゃん。
年長さんにひきつがれながら、元気に暮らしておりました。
よく動き、よく食べ、かわいいゲンちゃん。

長い休みの間は、「いいよ」と言ってくださる家を巡回して可愛がってもらっていました。

4月に新しいすみれちゃんが入園してきて間もない時。
すみれ組の子が、ゲンちゃんと遊んでいて、なにがあったのか、投げ飛ばしてしまったのです。もちろん悪気があったわけではないのでしょうが、その子は職員達にこっぴどく怒られました。

それこそ亀の子のように首をすくめて反省しましたが、ケガをさせてしまったのです。

とりわけゲンちゃんを可愛がってくれていた(今は卒園した子の)ご家族が、とても心配してくれました。やはり病院に連れて行った方がいいと、連れて行ってくれました。治療が必要ということで、通院もしてくれました。

幼稚園ではというと、ゲンちゃん、ごはんを食べなくなりました。
以前はこれでもかと食べ続ける元気な元気な亀さんだったのに…。

職員室では、
Aチャン(かわいがってくれて、よく預かってくれていた子)の家の方がいいのかしら、水槽もあたらしいのがあって、素敵な環境みたいよね。Aチャンのお家では、よく食べるらしいよね
うるさいのには慣れてるはずよね
投げられたのがきっかけで、嫌になっちゃったのかなぁ

なにせ、何も食べないことが心配で、心配で…。

Aチャンから、「もしアレなら、家でひきとりましょうか?」とのありがたいお話も。

もし、里子に出すなら、子ども達になんと言うかが問題。ああでもない。こうでもないと話し合いました。

えさを変えたり、水槽の場所を変えたりしても、とにかく一切、食べてくれません。

心配になり、根負けした私達は、子ども達に事情を話して、Aチャンちのゲンちゃんとして、育ててもらうことにしました。

食べない食べないといっても、お腹が空けば食べるはず!と思っていた私です。でも、10日も食べない。ハンガーストライキか!
亀は万年生きるんじゃなかったっけ?

だったら、私なんかよりずっと長く生きるんだから …とぐずぐずと思い悩みました。

そして、主任きみちんは、我が娘を西小岩幼稚園を卒園させた人です。
そのときの夏まつりのときに、なんということか夜店屋さんのくじびきの時に、娘が亀を当ててきたという経験があります。

誰だ?生き物を賞品にしたヤツは!?」と、記憶の定かでない私は叫びます。もう昔のことです。
特別賞をあてたきみちんの娘さんは「やったぁ〜」と大喜びで家につれ帰り、今も元気にきみちん家で育っています。

私は、懐疑的です。
でも…亀さんだよ。Aチャンちのほうがいい! って思ってるのかなぁ」とぼやきます。すると主任きみちんがおごそかに言いました。「…たみこさん、亀は、いろんなことわかるんです! 周りの状況もよくわかり、話だって聞いて、みんなわかってるんです。

ゲンちゃん、Aチャンちでたくさん食べて、おだやかに楽しく暮らしているんだね。よかった。Aチャンちのみなさん、ありがとう。よろしくお願いします。

幸せな、ゲンちゃんです。